コンテンツへスキップ

基本的臨床能力評価試験(GM-ITE®︎)

基本的臨床能力評価試験(General Medicine In-Training Examination:GM-ITE®︎)は、臨床研修のアウトカムの客観化を目的に実施をしている、研修医を対象としたコンピューターベースの到達度評価試験です。研修医の客観的な臨床能力の評価が可能となり、力を入れるべき分野・領域を把握し、総合的な臨床能力を身につけるための研修指導計画の立案に、また、各医療機関における研修プログラムの評価・改善にご活用いただいております。

GM-ITE図

2022年度 基本的臨床能力評価試験(2022 GM-ITE®️)

実施要項

対象者 2023年および2024年 臨床研修修了予定者
試験実施期間 2023年1月17日(火)~ 2023年1月30日(月)
試験方式 CBT(Computer Based Testing)方式
試験形式・問題数 多肢選択式・単純択一形式 80問
試験時間 120分
出題範囲 厚生労働省の定める臨床研修到達目標に原則準拠
受験料  5,500円/人(税込)
申込受付期間 2022年9月5日(月)〜2022年11月30日(水)

受験予定の研修医の皆様へ

基本的臨床能力評価試験(GM-ITE®︎)は研修目標の到達度を評価する試験です。正確な評価のために、試験対策の勉強をしないことをお勧めします。

試験前

・試験対策の勉強をしないことをお勧めします。
・試験期間の数週間前からサンプルテストを受けることができます。試験で使用するPCの動作確認とともに、CBTのプロセスに慣れていただくことができます。

試験日

・試験及びアンケートに要する時間は合計で2時間30分になります。
・試験サイトへのログイン及び動作確認に10分、試験自体に120分、研修環境調査アンケートの回答に20分、さらにいくつかの研究目的のアンケートがあります。
・試験には80問の問題と採点外の患者再現VTR問題1問があります。
・この試験は、内科、外科、小児科、産婦人科、精神科、救急、総論(医療面接・プロフェッショナリズム)の分野から出題します。

試験後

・試験結果と問題の解説は、試験期間終了後の2月1日から3月31日までの期間、オンライン上で閲覧できます。
・成績通知書(スコアレポート)は、試験の約4週間後にご所属される医療機関に郵送されます。医療機関のご担当者様より成績通知書をお受け取りください。

推奨環境

CBTシステムの品質を確保するために、WindowsおよびMacコンピュータでブラウザおよびオペレーティングシステムの最低要件を満たす必要があります。
推奨環境以外のブラウザやオペレーティングシステムは互換性についてテストされておらず、一部の機能が期待どおりに動作しない場合があります。

Windows

Mac

*ブラウザのセキュリティ設定によっては、CBTの動作に支障が出る可能性がございます。必ず、試験実施前に使用される端末で動作確認用のサンプルテストを行ってください。

*動画問題ではイヤホンまたはヘッドホンを使用されることをお勧めします。


① ユーザ名:sample01 パスワード:Sample01#

② ユーザ名:sample02 パスワード:Sample02#

③ ユーザ名:sample03 パスワード:Sample03#

サンプル用のユーザ名とパスワードを使用してログインしてください。
ログイン後、ページ下部の「もう一度受験する」をクリックするとサンプルテストが開始されます。

基本的臨床能力評価試験(GM-ITE®︎) 実行委員会

西﨑 祐史

プロジェクトマネージャー

順天堂大学 医学部医学教育研究室 先任准教授

志水 太郎

問題作成委員会 委員長

獨協医科大学 総合診療医学・総合診療科 教授

山本 祐

問題作成委員会 副委員長

自治医科大学附属病院 総合診療内科部門 助教

徳田 安春

査読委員会 委員長

一般社団法人 群星沖縄臨床研修センター センター長

問題作成委員会

(50音順)

問題作成委員

児玉 和彦

こだま小児科 理事長

問題作成委員

坂本 壮

国保旭中央病院 救急救命科 医長 兼 救命救急センター 医長
問題作成委員

鋪野 紀好

千葉大学医学部附属病院 総合診療科 兼 総合医療教育研修センター 特任助教

問題作成委員

柴田 綾子

淀川キリスト教病院 産婦人科 医長

問題作成委員

田宗 秀隆

東京大学大学院医学系研究科  特任助教

問題作成委員

筒泉 貴彦​

高槻病院 総合内科 主任部長
問題作成委員

中島 啓

亀田総合病院 呼吸器内科部長

問題作成委員

橋本 忠幸

大阪医科薬科大学病院 総合診療科

問題作成委員

福井 翔​

杏林⼤学 総合医療学 助教

問題作成委員

舩越 拓

東京ベイ・浦安市川医療センター 救急集中治療科(救急外来部門) 部長

問題作成委員

松井 恒志

富山大学附属病院 乳腺科・内分泌外科 診療科長

問題作成委員

森島 亮

東京都立神経病院 脳神経内科

問題作成委員

山田 悠史

マウントサイナイ医科大学 老年医学科フェロー

問題作成委員

若林 禎正​

諏訪中央病院 循環器内科部長 兼 救急総合診療センター副センター長

査読委員会

(50音順)

査読委員

大谷 典生

聖路加国際病院 救急部 部長・救命救急センター長・情報システムセンター長

査読委員

今 明秀

八戸市立市民病院 院長

査読委員

酒見 英太

洛和会京都医学教育センター センター長
査読委員

塩尻 俊明

国保旭中央病院 副院長 兼 総合診療内科部長 兼 教育研修部長 兼 臨床教育センター長

査読委員

山中 克郎

福島県立医科大学 会津医療センター 研修教育センター長 総合内科学講座 教授